国保 妊娠


出産の時にもらえるお金(出産育児一時金)

国保の給付が受けられない、または制限される場合がありますのでご注意ください。

国保の給付内容 このページでは次の情報をご案内しています。

出産育児一時金 国保加入者が出産した時に支給されます。

(他の健康保険から支給されたときは、国保からは支給しません。

) 妊娠12週(85日以上)以降の死産、流産でも支給されます。

保健事業のご案内 美容整形や歯列矯正 正常な妊娠・経済上の理由による妊娠中絶 他の保険が使えるとき 仕事上の病気やけが(労災保険の対象となります。

死産であっても妊娠12週(85日)以上の証明書があれば支給されます。

メニュー 国保への加入・脱退の手続き 国保で受けられる給付 国民健康保険税 42万円が支給されます。

妊娠12週(85日)以上であれば、死産・流産でも支給されます。

100円 ○出産育児一時金 国保加入者が出産したときは、出産育児一時金として、40万4千円が支給されます。

妊娠85日(12週)以上であれば、死産、流産でも支給されます。

出産育児一時金 国保加入者が出産したとき、出産育児一時金404,000円が支給されます。

出産育児一時金 国保加入者が出産したとき、その世帯主に対し、出産育児一時金42万円(注釈1)が支給されます。

妊娠12週以上であれば死産・流産(医師の証明書が必要)でも支給します。

くらし 国保の給付 平成28年1月から一部申請においてマイナンバーの記載が必要となりました。

出産育児一時金 被保険者が出産したときに、世帯主に対して42万円が支給されます。

出産したとき(出産育児一時金) 国保に加入している人が出産したときに支給されます。

また、妊娠12週(85日)以降であれば、死産も支給されます。

その実績について「平川市の国保」として取りまとめ、公表しています。