ファナック 黄色


ファナックのロボットをニコニコ超会議に持ち出してみた

もちろん説明書も黄色 展示会も黄色 営業車も黄色 富士山麓に映える黄色の建物 ファナック本社です。

建物も黄色 言わずもがなです。

ドアも黄色 表札も黄色 学校もやっています。

富士山麓には黄色い工場群が立ち並ぶ。

今年4月、ファナックは通期決算のアナリスト説明会も中止した。

富士通ファナック(当時)に黄色が割り当てられたこととされる。

氷点下で働く「黄色いロボット」 筆者が一番萌えたのは、出来上がったアイスを包装する工程。

ここでは、あのファナック社の黄色いロボットが多数働いている。

富士山麓に拠点を構える“黄色い王国”の実態はベールに包まれている。

そのファナックで今、創業以来の大異変が起きている。

発端は今年10月15日に発表された役員人事だった。

協働ロボットは、ファナックが独自に開発した安全機能により、人に触れると安全に停止します。

ちなみに社員の方が主に着ているのは黄色の作業着(上着のみ)。

だが、ジャケットタイプの上下を着こなしている方もいた。

当然、色はファナックイエロー。

広大な森の中にあるファナックの本社には、初めて訪れる者にとっては驚きの光景が広がっている。

製品である工作用ロボット、工場棟の外装、社内を行き交うトラックも社員の服もすべて黄色だ。

【この記事のキーワード】ソニー, ファナック, トヨタ自動車 ツイート これを受けファナック ファナックには、工場が山梨県南都留郡忍野村に一極集中しているというリスクがある。

清右衛門氏が富士通のサラリーマン時代、事業部ごとに報告書を区別しやすいように、同氏の事業部には黄色が割り当てられた。

それ以来、ファナックのシンボルカラーは黄色になった。

例えば、東京・大手町のオフィス街ど真ん中に位置する本社ビルの地下に、ロボットルームを設置しているほど。

■ファナックがうなる「賢いロボット」の切り札(1月30日公開) 富士山麓に密生する孤高の黄色い会社ことファナック。

うっそうと生い茂る樹林の中に黄色い建物が林立する。

日本で最も利益率が高い工作機械メーカー、ファナックの本社工場だ。

工場関係者におなじみの黄色のシンボルカラーで包まれた一角があった。